SX-PCEAX-AP
PCIeインタフェース

SX-PCEAX-AP

IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)  
無線LANアクセスポイント用モジュール

2024年春出荷開始

概要

SX-PCEAX-APは、クアルコム社のQCN9072チップセットを搭載したWi-Fi 6に対応するアクセスポイント専用の組込み無線LANモジュールです。医療や工場などの産業市場で課題になっている混雑した無線環境でも、Wi-Fi 6の機能により2.4GHz/5GHzの帯域でも安定した通信が可能です。Wi-Fi 6EモジュールSX-PCEAX-AP6Eと組み合わせることで、2.4GHz/5GHz/6GHz対応のWi-Fiアクセスポイントを短期間で開発いただけます。

特長

Wi-Fi 6(2.4GHz/5GHz)対応で低遅延・安定性向上

 [OFDMA] [MU-MIMO]

複数デバイス通信時の通信効率を改善し、通信安定性が向上。混雑した無線環境でも低遅延で確実にデータを届けます。

Wi-Fi 6の特長① 安定性

アクセスポイントのWi-Fiアップグレードに、低コストの無線LAN
モジュールという選択肢

製品の無線部分のみを変更することで最新規格に対応でき、プラットフォーム側の変更が少なく、開発・認証コストを削減できます。
 ✓規格準拠のPCIeインタフェースを採用
 ✓モジュール単位で無線認証を取得済み

製品の無線部分のみを変更することで最新規格に対応

2.4GHz/5GHz/6GHz対応アクセスポイントをスマートに開発

本製品は、Wi-Fi 6E無線LANモジュール「SX-PCEAX-AP6E」と親和性が高く、共通のドライバで動作します。また、モジュールに搭載済みのフィルターにより、モジュール同士の電波干渉を低減して安定した通信を実現します。

モジュール同士の電波干渉を低減して安定通信を実現

高品質な国内生産

国内自社工場で生産。全ての製品に検査とキャリブレーションを実施することで高品質を保ち、安心してご利用いただけます。

Wi-Fi 6/6E子機用モジュールのご紹介

最新規格Wi-Fi 6/6E 無線LANモジュール

Wi-Fi 6/6E 無線LANモジュール「SX-PCEAXシリーズ」のご紹介です。基本的なWi-Fi 6/6Eの特長に加え、サイレックスの独自技術により、さらなる高速通信の安定性を実現。デモを交えてご紹介いたします。

仕様※1

型番 SX-PCEAX-AP
チップセット QCN9072
ホストインタフェース PCI Express 3.0
無線LAN仕様 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2x2)
周波数帯 2.4GHzまたは5GHz
アンテナ端子 MHFコネクタ:2個
動作電圧 3.3V
動作環境条件 温度条件:-40~+85℃
湿度条件:15~95%RH (結露なきこと)
保存環境条件 温度条件:-40~+90℃
湿度条件:10~95%RH (結露なきこと)
外形寸法 29.85 × 50.80 × 4.55 mm
パッケージタイプ Mini PCI Express Card
無線規格対応 日本、アメリカ、カナダ、欧州、イギリス
※1 開発中のため、仕様は予告なく変更される可能性があります。

製品ラインナップ

型番 形状 販売単位 梱包形態
SX-PCEAX-AP PCI Express Mini Card 100式 バルク
SX-PCEAX-AP-SP PCI Express Mini Card 1式 個装箱
アンテナ2本同梱

関連資料

  • thumb_whitepaper-23.jpg

    これからはじめる最新規格Wi-Fi 6基本機能の入門書

  • thumb_whitepaper-32.jpg

    Wi-Fi 6Eで何が変わる? -Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eの違いを正しく理解する-

  • thumb_application-12.jpg

    「新規格 Wi-Fi 6GHz帯、IEEE 802.11ahを使うにはどうしたらいいのか」が分かる!

関連情報

サービス

製品のご購入・サービスカスタマイズ・資料請求など
お気軽にお問い合わせください