本文先頭へ
MENU

このページは、トップページの中の学校のICT化です。

学校のICT化 silexは学校のICT化を推進・検討される自治体様および自治体様にご提案をされるシステムインテグレータ様に向け、20年以上に渡ってつちかったICT機器同士の接続技術・ノウハウを活かし、文教市場向け製品をご提案します。

実際の授業でのICT活用、導入コストを考慮した最適なシステム環境を実現できるインタラクティブ画像伝送対応 無線LANアクセスポイントをご提案します。

『小中高普通教室』におけるICT環境構築を運用面、コスト面から支援

教育のIT化に向けた環境整備4か年計画(平成26年~平成29年) 第2期教育振興基本計画で目標とされている水準

※文部科学省 第2期教育振興基本計画より

上述の第2期教育振興基本計画の推進、実現化に向けて、中でも

に対し、実際の授業でのICT活用、導入コストを考慮した最適なシステム環境を実現できるインタラクティブ画像伝送対応 無線LANアクセスポイントをご提案します。

ご提案イメージ図(公立の小学校の場合)

課題解決のご提案

 silexがご提案するICT活用型教室環境概念図

SX-ND-4350WAN Plus + タブレットで実現!!

■教室用アクセスポイントとして

SX-ND-4350WAN Plusは56台までのタブレットを接続可能

■教材提示用PCとして

教材提示用PCはもう不要。タブレットの画面/音声を無線でTVや電子黒板に拡大投影可能です

■可動式書画カメラとして  

タブレットのカメラ機能を使えば、タブレットは可動式実物投影機に早変わり。 机間巡視しながら児童・生徒のノートを大画面で共有することができます

■地デジTVを電子黒板として

地デジTVが電子黒板に早変わり。タブレットにタッチペンで書き込めばリアルタイムに書き込み内容が地デジTVに反映されます


概念図

大型TVの周りもすっきり。
子供がつまずく配線もなくなります。

タブレットの導入をするならその場合のメリットを最大限に。カメラ付きのタブレットならそれ自体がSX-ND-4350WAN Plusとの組み合わせで可搬式の実物投影機にもなります。メンテナンス性やライセンス費用のかかる教材提示用PCもなくなります。導入コストにも大きく貢献。現在教室用ノートPCは校務用に回す自治体様もいらっしゃいます。ノートPCでは起動時間も課題でしたが起動時間の短いタブレット+SX-ND-4350WAN Plusなら数十秒でICT活用授業が開始できるのも大きなメリットです。

システム構成図

スタンダード編

Windowsタブレットとの組み合わせがスタンダードなスタイルです。
タブレットで教員機、児童用機を切り替えて大画面投影。これならまず教員機のみの導入から コンパクトにスタートできます。

自治体様によってはiPadとどちらがいいのか悩まれているケースも。
その際には、Windowsと併用や将来の変更にも対応できることを考慮し、インタラクティブ画像伝送対応 無線LANアクセスポイントを純粋なアクセスポイントとして利用することでAppleTVを使った運用も可能です。

応用編1

特別支援教室や低学年にはiPadを選択される自治体も多くいらっしゃいます。上図のような構成で先生機はWindowsタブレットでの利用や将来的なタブレットOS変更にも対応できます。

応用編2

特別支援教室は直感利用に秀でたiPad、普通教室は将来子供たちが働く企業でも使われるWindowsの選択にも対応。

インタラクティブ画像伝送対応 無線LANアクセスポイントができること

画像伝送機能

そのままミラーリングして既設のデジタルTVや電子黒板、プロジェクタにWindowsタブレットの画面と音声をHDMIケーブル1本で投影できます。
最大FullHDまでの解像度に対応しています。動画性能は22fps(5GHz利用)以上を実現しています。英語や音楽など音声が重要な授業や社会や理科など動画再生をしたい授業にも対応できます。また、画面をそのままミラーリングしますのでデータ形式やフォーマットは問いません。

インタラクティブ画像伝送機能

弊社独自のUSBリダイレクト機能(USB Virtual Link)を搭載していますのでタブレットの画面を大型TVや電子黒板に投影できるだけでなく、電子黒板のタッチペンの信号をタブレットにリダイレクトできます。
電子黒板で書いた板書がタブレットにも反映されますので、児童・生徒は前の電子黒板で記載、先生はタブレットから赤ペンで添削やアドバイスなどのインタラクティブ授業が行えます。USBにプリンタやスキャナを接続した応用的な使い方も可能です。

無線LANアクセスポイント機能Ⅰ

業務用途で使える、高度なセキュリティに対応した品質の無線LANアクセスポイント機能を持っています。最大56台までの子機接続が可能ですので普通教室の無線LAN環境構築もこれ1台で行えます。(想定される授業方法【利用の負荷度合い】によりアクセスポイントは増設が必要な場合があります)

無線LANアクセスポイント機能Ⅱ

よくあるのがAP間のローミングは行えても授業支援システムサーバや校務システムサーバからはローミングが把握できず、システム全体としてのローミング処理が行えない製品が多い中、SX-ND-4350WAN Plusは有線経路含めて環境すべてに移動情報を認識させるローミング機能を持っています。 (弊社特許取得技術)

一括設定機能 SX Smart Setup(別売)

定義ファイルに学校ごとのSX-ND-4350WAN Plusに関する設定情報を準備しておけば定義ファイルの書き換えを流し込むことにより、教育センターや市役所などのサーバから自治体内の全SX-ND-4350WAN Plusのバージョンアップ、設定変更、再起動などがリモートで行えます。年次更新なども速やかに行えます。導入時の事前設定支援ツールとしても使えます。

無線LAN統合管理ソフトウェア AMC Manager® E model

無線・有線LANネットワーク環境に接続されたサイレックス製品の機器の状態監視や各種設定変更、ファームウェア更新・再起動といった運用管理で必要な機能を、遠隔・一括で行うことを可能にします。また、多拠点・多台数の無線LAN機器の運用管理の省力化や、トラブル発生の早期発見、問題対処に掛かるサポートコスト削減を可能にします。

導入事例

(順不同)

その他、全国で約150の自治体にて採用されています

実現製品のご紹介

製品写真 製品名・概要
SX-ND-4350WAN Plus:製品画像 SX-ND-4350WAN Plus
文教市場専用の投影支援ソフトウェア『SX Virtual Link Display for Education』との組み合わせにより先生機の瞬時投影・停止/ワンタップでの子供画面の提示/分割表示など先生機から授業中の画面投影機能を一元操作可能な最新モデルです。
SKY-AP-301AN:製品画像 SKY-AP-301AN
Sky社製SKYMENUClassの画面転送機能に連携。SKYMENUClass環境でのタブレット導入に適した製品です。

基本機能

AP機能

インタフェース

その他特徴

※1 SKYMENU ClassからはSX-ND-4350WAN Plusは利用できません。SX Virtual Link DisplayからはSKY-AP-300AN、SKY-AP-301ANは利用できません。
※2 SKYMENU ClassはSky株式会社の製品です。SKYMENU Classに関する仕様・設定方法・ご購入についてはSky株式会社にお問い合わせ下さい。


基本機能を動画で紹介

※動画再生を大きな画像でご覧いただく場合は、YouTubeにてご覧頂くか全画面表示でご覧ください。

【基本機能紹介】

インタラクティブ画像伝送対応 無線LANアクセスポイントSX-ND-4350WAN の基本機能を紹介したビデオです。

【電子黒板とのインタラクティブ操作】

電子黒板に接続したSX-ND-4350WANと、無線を介してタブレットが接続されている状態のインタラクティブ性をご紹介したビデオです。

【移動モード(拡張ディスプレイ)】

SX-ND-4350WAN 「移動モード(拡張ディスプレイ)」機能を使ったご使用方法のご案内です。

【 SX Virtual Link Display for Education 基本機能紹介 】 New !

文教市場専用の投影支援ソフトウェア「SX Virtual Link Display for Education」 の基本機能をご紹介いたします。

【性能評価】

40台のタブレットから同時にアクセスしても、途切れることなく動画をストリーミング再生している性能紹介動画です。

協業企業・団体

 

各種ダウンロード

主要プロダクト紹介