FAQ/よくあるお問い合わせ

[BR-300AN]についてのFAQ

あらかじめ調べておく情報はありますか。
Infrastructure modeで接続する際はアクセスポイントの各設定を確認しておく必要があります。
※確認方法はアクセスポイントの各メーカへお問い合わせください。

≪確認する設定項目≫
・SSID(ESSID) = アクセスポイントを識別するためのID。
※ゲーム用とパソコン用のSSIDがある場合は、パソコン用のSSIDを設定します。
・暗号化の有無 = アクセスポイントとの通信が暗号化されているか。
・暗号化通信の種類 = 通信が暗号化されていた場合、その暗号化通信の種類。
・暗号化キー = 暗号化する際に必要なキー。WEPで暗号化している場合はWEPキー。WPA、WPA2で暗号化している場合はPre-Sharedキー。
・キーインデックス = WEPキーを使う場合、1~4のどのキーが有効になっているか。
・その他セキュリティ設定 = アクセスポイント側にセキュリティがかかっている場合は、その設定。
例)MACアドレスフィルタ-等
・IEEE802.1X 認証 = 下記2点の情報が必要です。
 ※IEEE802.1X 認証対応製品のみ
 ※IEEE802.1X 認証機能の説明はマニュアルに記載されていますので、ご参照ください。
  マニュアルについては下記よりダウンロードが行えます。
  ⇒ダウンロードページへ
  ※弊社製品のファームウェア情報に関しては、「カテゴリ」-「製品名」を選択して参照してください。

 1)IEEE802.1X 認証でRADIUS サーバのアクセスに使用する情報
   RADIUS サーバにアクセスするためのユーザ名やパスワード、証明書が必要な認証方式を使用する場合は、証明書ファイルが必要です。
 2)IEEE802.1X 認証で使用する有線LAN 対応機器の情報
   本製品は登録された機器のみ接続を許可します。
   本製品に接続を許可する有線LAN 対応機器のMAC アドレスが必要です。

情報更新日:2017年12月12日