無線LANサーベイ

WM-100

現場の無線LAN環境保全をサポート

WM-100 製品写真

WM-100は、IEEE 802.11a/b/g/n/acの電波を測定し、現場の無線LAN環境を可視化するデバイスです。
可視化は専用のソフトウェア Wave Navigatorを使用します。電波測定と可視化が分かれていることにより、柔軟な設置が可能です。

WM-100は無線LANのデータ収集に加え、スペクトラム・アナライザ機能も搭載しています。これにより、無線LANとそれ以外の電波の両方を監視できます。
工場・倉庫といった特殊な環境において、常に変化する無線LAN環境を監視することにより、通信環境の保全をサポートします。

Wave Navigator

特長

現場の無線LANを常に可視化

WM-100が収集したデータは、LANを通じてWave Navigatorに送信されます。可視化状況を事務所やバックヤードで常に確認できます。

現場の無線LANを常に可視化o

過去の無線状態をトレース可能

収集した無線LANデータはWave Navigatorに蓄積されます。過去の無線帯域情報、機器の電波強度等をトレース可能です。

過去の無線状態をトレース可能

スペクトルデータの表示

2.4GHz帯、5GHz帯の電波の成分を分析し、グラフ表示します。さらに、無線LANフレームを除去したグラフも表示できます。

スペクトルデータの表示

無線LAN環境の解析

無線帯域ごとに情報を表示します。これにより、管理外アクセスポイントやテザリング機器を発見したり、空いている無線チャネルを確認できます。

無線LAN環境の解析

仕様

型番 WM-100
有線LANインタフェース RJ-45 x3 (内、x1が802.3af PoE対応)
10BASE-T / 100BASE-TX / 1000BASE-T(自動認識)
無線LANインタフェース IEEE 802.11a/b/g/n/ac Monitor Mode x2
■2.4GHz:Channel:1~13ch
■5GHz:Channel:36~48, 52~64, 100~140ch
デバイスインタフェース USB x2(USB2.0 Hi-Speed Type-A)※1, 2
スイッチ プッシュスイッチ x1
DIPスイッチ(4bit) x1
LED 本体 x8
RJ-45 x6
動作環境条件 温度条件:0~+40℃
湿度条件:20~80%RH(結露なきこと)
保存環境条件 温度条件:-10~+50℃
湿度条件:20~90%RH(結露なきこと)
電源 ACアダプタ 100-240V 50/60Hz
最大消費電力 10.56W(DC12V 0.88A) USBバスパワーを除く※3
外形寸法 200×158.5×30mm(本体のみ、突起物除く)
重量 約530g (本体のみ)
同梱物 本体、ACアダプタ、ACコード、アンテナ(6本)、GPLお知らせシート
各種取得規格 VCCI Class A、RoHS
保証期間 5年
JANコード 4944406006289
標準価格 オープン価格
注釈 ※1:バスパワーの供給電流は500mAとなります。
※2:使用可能なポートはUSB1のみです。USB1にストレージを挿入して、収集した無線LANフレームを保存することが可能です。(Wave Navigatorでの可視化はできません)
※3:ACアダプタが付属しているUSB機器を動作させる際には、安定した動作環境を得るためにACアダプタのご利用を推奨いたします。
製品名 Wave Navigator
対応ブラウザ Google Chrome
対応言語 日本語 / 英語
通信 HTTP
使用ポート 3000、8080、 8086、8090
サーバー要件
対応OS Windows Server 2016(64bit 版)、Windows 10 IoT Enterprise(64bit 版)、Windows 10 Professional(64bit 版)
CPU Intel Core i5以上
メモリ 4GB 以上
HDD 1TB 以上の空き容量

記載された社名及び製品名は各社の登録商標または商標です。
改良のため、予告なく仕様を変更することがあります。