サイレックスの広報ブログ

新製品情報、製品発表会・展示会などのイベント情報、決算のポイントや近況など、もっと深くサイレックスのことを知っていただくために広報担当者からさまざまな情報をお届けします。

前の記事:「効果的なデジタルサイネージの作り方」へ

Bluetoothはこれから

2014年11月14日 17:30
管理者
こんにちは。製品企画担当です。

既にご存じの方も多いと思いますが、最近、弊社のワイヤレス製品のパートナーである米国Qualcomm Atherosの周辺でBluetoothに関連する大きなニュースがいくつかありました。

まず一つ目は、同社の親会社であるQualcomm社がBluetooth業界大手であるCSR社を25億ドルで買収するという発表がありました。

CSR社(CSR plc(シーエスアール ピーエルシー)は、イギリス・ケンブリッジに本拠を置く半導体設計企業で、Bluetoothチップビジネスのその主導的な業界のポジションで知られています。発表によるとウェアラブルや車載機器、IoT分野の市場成長に向けた技術資産を強化することが目的のようですね。両社がBluetoothの事業分野で包括的な提携関係に入ることで、今後この技術分野の進化が加速していくように感じます。

一方で、こちらは大きなニュースにはなりませんでしたが、組込み業界に関わるものの視点としては興味深いことにQualcomm社のグループ会社であり弊社の主要開発パートナーである、Qualcomm Atherosは、先月、Blluetoothのプロファイル専業メーカーである米国のStoneStreetOne社を同じく傘下に収める動きをしていました。
まだ詳細の公式発表はありませんが、上記2つの動きは業界構造を大きく変えていくこともなんとなく憶測できる気がします。
弊社は 802.11系Wi-Fi製品が中心の会社ですが、Qualcomm Atheros社のWi-Fi/BluetoothコンボのSiP(System in Package)を搭載するSDIOモジュールで製品であるSX-SDMANは、802.11abgnに加えてBluettooth対応も行っています。
sxsdman_pt.jpg
オープンソースのBlueZとのセットでBluetooth QD IDの取得も行っています。
Bluetooth周辺の詳細は、弊社のワイヤレスのおとブログに過去4回にわけてまとめております。ご関心があれば是非ご覧ください。

最近国内外のお客様から多くのBluetoothに関するご関心をお寄せ頂くようになりました。
これらのニュースを契機に、今後、当社のBluetooth関連ビジネスが少し今までと違った新しいステージに入っていけそうに感じています。また何か具体的にご報告できることができれば別途ご案内させていただきたいと思います。

次の記事:「muratecグループ技術交流会」へ

最新の記事

カテゴリ

バックナンバー