介護ICT

介護施設の無線LANの簡単拡張や見守りセンサの無線対応に採用

IoTの活用の第一歩は設備/機器のネットワーク参加

介護業界では、人員不足を補うため、行政からITやICTの活用が推進されています。2018年度には介護保険法の改訂によりICT活用によるリハビリケアの行為が介護報酬の加算対象になったことで一気にICT製品、サービスの導入の機運が高まっています。
サイレックスの無線LANインフラやワイヤレスモジュールは、介護施設の無線LANの簡単拡張や見守りセンサの無線対応に採用されています。

病室 イメージ

Wi-Fiモバイル端末の積極活用

施設利用者と直接かかわる介護スタッフの事務作業負担を軽減するために、タブレット端末を使った介護記録システムが普及する一方、施設側の無線LANインフラを整備することに課題が生じています。サイレックスは、施設のニーズに合ったワイヤレスインフラ製品をラインナップしています。

病室 イメージ

見守りセンサの無線化

施設利用者を見守る高性能なセンサが多く開発されています。これらのデータ伝送は、人の動線確保のために無線化が欠かせません。サイレックスのワイヤレスモジュールは小型、省電力、高い安定性を理由に多くのメーカに採用されています。