工場

無線LANの活用でフレキシブルなネットワーク構築を実現

IoTの活用の第一歩は設備/機器のネットワーク参加

工場におけるIoT活用が盛んに検討されている中、機器をどのようにネットワークに接続させるか?という点で大きな課題があります。多くの製造現場において、有線によるネットワーク化は、人・モノの動線確保や安全配慮の観点から、高架や配管を使った配線工事を伴い、低コストで実現することは容易ではありません。
サイレックスは、長年培った無線LAN技術やノウハウを駆使し、フレキシブルかつ、信頼のおける無線デバイスで、お客様の用途に合った最適なネットワーク実現を支援します。

稼働状態の見える化

IoTやIndustry4.0によって、設備の稼働状態をスピーディにデータ化/分析し、生産性向上を図る動きがあります。しかし、生産現場では、ネットワークが整備されていないというのが現実です。
サイレックスの無線LANデバイスは、コスト高になりがちな有線工事を排し、無線で安定した機器ネットワークを提供します。

Wi-Fiモバイル端末の積極活用

生産現場のネットワーク化が進むと同時に、携帯性に優れ、直観的なデータ入力/スピーディな情報閲覧が可能なWi-Fiモバイル端末の活用が増加しています。
サイレックスの無線LANデバイスは、エンタープライズセキュリティを標準的に有し、国内外で利用可能なワイヤレスインフラを提供しています。