建設現場

無線デバイス・インフラの活用で作業精度・効率アップ

スマートコンストラクション

建設業界では、人口減少と高齢化に伴う将来の担い手確保や育成において、ICTの全面的な活用を推進する取り組みが活発化しており、i-Construction(アイ・コンストラクション)と称した政府主導の生産性改革プロジェクトも立ち上がっています。
一方で、多くの現場ではICTを活用するためのインフラ整備や、デバイス選定など、専門外の業務に苦労されているのが現状ではないでしょうか?
サイレックスは長年培った無線LAN技術と組込みノウハウを駆使し、安心してご利用いただけるICTデバイスを提供します。

ICTデバイスの積極活用

BIMや図面、工程・資材・人員管理など、膨大な情報が日々更新する現場ではスピーディに情報を取り出せるモバイル端末の利用が当たり前になりました。
サイレックスのワイヤレスインフラ製品は、モバイル電波の行き届かない高層階、地下の情報ライフラインとして活躍の機会があります。

ワイヤレスモニタリグ・オペレータ支援

建設現場で活躍する建機を効率的に運用するためには、その建機の稼働情報を収集し、可視化することが必要となります。また、経験の浅いオペレータを支援する仕組みも外部からリアルタイムに情報更新できることが求められます。
サイレックスのCANブリッジは、耐環境性を考慮した設計により、厳しい環境でも安定した無線通信を実現します。