Skip Navigation

シリアルデバイスサーバ

SX-520-1035

  • シリアル  RS-232C
  • 無線
  • 有線
  • IEEE 802.11b/g
SX-520-1035:製品写真

販売終了製品

無線LAN、有線LAN対応シリアルデバイスサーバ
無線LANはIEEE 802.11b/g、有線LANは10/100BASE-TXに対応

機能紹介

silexの仮想化技術でRS-232C機器をネットワーク化

RS-232Cインタフェースを搭載した機器にはさまざまなものがあります。ラベルプリンタや計測器、産業用ディスプレイや医療機器など。通常、これらRS-232C機器はシリアルケーブルでPCに直結して使用します。シリアルデバイスサーバは、このシリアルケーブルをネットワークに変換します。そのため、PCから離れた自由な場所にRS-232C機器を設置することができます。また、シリアルデバイスサーバを使ってLAN接続したRS-232C機器は、あたかもPCにシリアルケーブルで接続しているかのように利用できるので、RS-232C機器のドライバやアプリケーションソフトなど、従来シリアルケーブルで接続していた環境をそのまま利用することが可能です。

無線LAN、有線LAN対応

本製品は無線LAN、有線LANの両方に対応しています。RS-232C機器を無線LAN/有線LANに接続して利用することができます。

IEEE 802.11b/gに対応

本製品はIEEE 802.11b/gに準拠しています。また、WEP、WPA(PSK)、WPA2(PSK)やIEEE 802.1x認証(WPA-EAP(TLS))に対応しており、高レベルのセキュリティ通信が可能です。

ソフトウェア「SX Virtual Link for Serial Device Server」標準添付

シリアル仮想化技術を利用するためのアプリケーションソフトウェア「SX Virtual Link for Serial Device Server」が標準添付されています。

4種類の接続機能を搭載

本製品では、下記の4種類の機能を搭載しており、ご利用環境やシステムに柔軟に対応することができます。

  • Serial Port Emulation Mode
    本製品のメイン利用方法で、Windows COMポートの動作をネットワーク通信に仮想化する機能です。 SX Virtual Link for Serial Device Serverを使って、RS-232C機器を仮想的にネットワーク上で接続して利用することができます。
    Serial Port Emulation Mode

  • eCable Mode
    従来環境でPCを利用せずに2種類のRS-232C機器間をシリアルケーブルで接続して使用している場合、この機能を使って、2種類のRS-232C機器間をLANケーブルでの接続に変換して距離を自由に伸ばすことができます。
    eCable Mode

  • Raw TCP Connection Mode
    TCP/IP通信上でシリアルポートのデータを透過的に送受信する機能です。この機能により、TCP Socket APIを使用したアプリケーションプログラムから、本製品に接続したRS-232C機器に対して直接通信をすることができます。

  • UDP Multicast Mode
    PCのアプリケーションソフトからUDPを用いて、ネットワーク上に存在する全てまたはグループ設定されたシリアルデバイスサーバに対して、同じシリアルデータを一斉に送信することが可能です。
シリアルデバイスサーバとは?

RS-232Cシリアルインタフェース搭載機器を簡単にネットワーク対応させることができる、シリアル仮想化技術を利用するためのネットワーク機器です。サイレックス・テクノロジーのシリアル仮想化技術は、ラベルプリンタや計測器、産業用ディスプレイ、医療機器などの様々なRS-232C機器が、ネットワーク上で、あたかもシリアルケーブルをつないでいるかのように利用できる技術です。これにより、複数人でRS-232C機器を共有したり、RS-232C機器を離れた場所に設置して利用することができます。

SX Virtual Link for Serial Device Server とは?

シリアル仮想化技術を利用するためのアプリケーションソフトウェアです。SX Virtual Link for Serial Device Serverを利用することで、シリアルデバイスサーバに接続したネットワーク上の任意のRS-232C機器を、パソコンからリモートでシリアル接続できるようになります。

SX Virtual Link for Serial Device Server

  • ネットワーク上のRS-232C機器を検索し、メイン画面に一覧表示します。
  • 他のユーザが共有RS-232C機器を使用中の場合、切断要求のメッセージを送信することができます。
  • RS-232C機器の接続/切断等の操作ができます。
開発者及びシステムインテグレータの方へ

サイレックス・テクノロジーは、自社国内工場を有し、ハードウェア/ソフトウェア、開発、生産、販売の一貫体制を持つ国内メーカです。

  • RS-422/RS-485対応
  • IEEE 802.11a/b/g対応など他無線規格対応
  • 有線専用モデル
  • 専用ハードウェアのご相談
  • 組込み用基板のみのご提供
  • 仮想化ミドルウェアのご提供

などあらゆるカスタマイズやOEMのご要望にお応えします。
詳しくは弊社ホームページ(www.silex.jp)まで。

ご提供可能なネットワークテクノロジーサービス図

製品スペック

型番 SX-520-1035
有線LAN 
インタフェース RJ-45×1ポート
規格 10BASE-T, 100BASE-TX
無線LAN 
規格 IEEE 802.11b/g ※1
認証方式 WPA2-PSK(AES/AUTO)、WPA-PSK(TKIP/AES/AUTO)、WEP(64/128Bit)、IEEE802.1X(EAP-TLS)
対応チャネル 2.4GHz:1~13ch 
デバイスインタフェース 
規格 RS-232C(DB9 オス)×1ポート
ソフトウェア仕様 
対応OS Windows 10(32/64bit)、Windows 8/8.1(32/64bit)、Windows 7(32/64bit)、Windows Vista(32/64bit)、Windows XP(32bit)、Windows 2000、Windows Server 2008/2003(32/64bit)
対応プロトコル ネットワーク層:ARP、IP、ICMP
トランスポート層:TCP、UDP
アプリケーション層:DHCP、BOOTP、FTP、TELNET、HTTP、HTTPS、 WINS、JCP(UDP#19541)、SXSEPE(TCP/UDP#19540)、TCP#9100、RFC2217(TCP#9200)
最大接続インタフェース数 1
プッシュボタン 工場出荷時設定
その他 
保存条件 保存温度:-20~70℃
保存湿度:10~90%RH(結露なきこと)
動作条件 動作温度:0~50℃
動作湿度:10~80%RH(結露なきこと)
最大消費電力 3W(DC5V 0.6A)
外形寸法 125.8mm × 75.2mm × 24.1mm(本体のみ、突起物除く)
重量 335g(本体のみ)
設定方法 設定ユーティリティ(Quick Setup)、Webブラウザ
同梱物 本体、ACアダプタ、CD-ROM(設定ユーティリティ、マニュアル)、セットアップガイド、無線LANアンテナ、ゴム足、保証書
各種取得規格 VCCI Class B / FCC Class B 、Rohs指令準拠
保証期間 1年間
JANコード 4944406004360

※1、無線/有線LANは、排他利用となります。どちらも有効な環境では有線LANが優先されます(設定で固定にすることも可能です)。

※製品のデザインおよび仕様は、予告なく変更することがあります。

ページの先頭へ戻る