Skip Navigation

シリアルデバイスサーバ

SX-500-1035

  • シリアル  RS-232C
  • 無線
  • 有線
  • IEEE 802.11b/g
SX-500-1035:製品写真

販売終了製品

無線LAN、有線LAN対応シリアルデバイスサーバ
無線LANはIEEE 802.11b/g、有線LANは10/100BASE-TXに対応

機能紹介

silexの技術がシリアルデバイスの可能性を拡げます

SX-500-1035シリアルデバイスサーバは無線/有線LAN環境でのシリアルデバイス共有を実現します。 同梱のSerial Port Emulator(ポートエミュレータ)を使うことにより、既存のシリアルデバイス用アプリケーションを、シリアルデバイスがPCに直結された環境と同じ状態で利用する事が可能になります。無線LANはIEEE 802.11b/gに対応しているので、多くの無線LAN環境に対応する事が可能です。

高いセキュリティを実現

SX-500-1035シリアルデバイスサーバには、高レベルなセキュリティ機能を搭載しています。

  • 802.1x/Extensible Authentication Protocol(EAP)
    • Transport Layer Security (TLS)
    • Tunneled Transport Layer Security (TTLS)
    • Lightweight Extensible Authentication Protocol (LEAP)
    • Protected Extensible Authentication Protocol (PEAP)
    • Flexible Authentication via Secure Tunneling (FAST)
  • WEP(Open System, Shared Key)
  • WPA (Wi-Fi Protected Access) は Personalモード (WPA-PSK) とEnterpriseモードに対応。
  • WPAではTemporal Key Integrity Protocol (TKIP)に、WPA2では、Advanced Encryption Standard (AES)に対応。
強固なハードウェア

亜鉛メッキ筐体を使用しており、保護構造はIEC規格IP40を満たしています。 側面には取り付け金具を備えているため、しっかりと固定することができます。

簡単設定・操作

Web設定機能に加え、付属のExtendView(Windowsユーティリティ)で簡単設定・管理を行う事が可能です。SNMP(Simple Network Management Protocol)に対応していますので、多くのネットワーク管理システムにも対応します。

同梱のSerial Port Emulatorを使用することによって、仮想シリアルポートをWindowsシステム上に作成することができます。仮想シリアルポートを使うことにより、現在ご使用のアプリケーションはネットワークを意識せず、シリアルデバイスをPCに直結したのと同じ状態で利用する事が可能です。

システム構成概念図

製品スペック

モデル名 SX-500-1035
シリアルインタフェース RS-232C
ネットワークインタフェース 有線LAN: 10BASE-T、100BASE-TX(自動認識)※1
無線LAN: IEEE 802.11b/g
対応プロトコル ARP、TCP、Telnet、ICMP、SNMP、DHCP、BOOTP、
HTTP、SMTP、TFTP、SLP、DNS、Dynamic DNS
対応OS Windows XP、Windows 2000
外形寸法 W:125.8mm × D:75.2mm × H:24.1mm
(取り付け金具、シリアルポート、アンテナ部分は除く)
重量 335g
環境条件 温度: 動作温度:0~+50℃
保存温度:-20~+70℃
湿度: 動作湿度:10~90%(結露なきこと)
保存湿度:10~90%(結露なきこと)
筐体: 閉鎖形(IP40)
電源 ACアダプタ AC100-240V 50/60Hz
適合規格 VCCI Class-B、FCC Class-B 、CE、IEC規格IP40
付属ユーティリティ Serial Port Emulator(ポートエミュレータ)
ExtedView(設定ソフトウェア)
標準価格 ¥32,000(税別)

※1、AUTO-MDI/MDIXに対応しております。

※製品のデザインおよび仕様は、予告なく変更することがあります。

ページの先頭へ戻る