Skip Navigation

C-5000T

こちらでは販売終了となりましたC-5000Tの機能・設定方法などを掲載しております。

製品説明

部位説明

DIP-SW一覧

DIP-SW一覧

TCP/IP設定

IPアドレスの設定

C-5000TにTCP/IPで通信/印刷を行うためにはIPアドレスを設定する必要があります。
この製品にIPアドレスを設定するためには、DIP-SW1~4を使用して手動で設定する場合と、RARPを使用して設定する方法の2種類があります。
RARPを使用する場合には、DIP-SWの3をONにしてプリンタを立ち上げてください。
※ RARPを使用する場合には、ネットワーク上にRARPサーバが必要です。

IPアドレスを手動で設定する場合には、DIP-SW1~DIP-SW4を使用します。
※ DIP-SWの設定は2進数で行います。

[設定例]ディップスイッチSW1~SW4
IPアドレス  192.100.200.50
IPアドレス10進数 192 100 200 50
変数値(2進数) 11000000 01100100 11001000 00110010
設定するSW SW1 SW2 SW3 SW4
ディップスイッチSW1~SW4

※ プリンタに挿入されている製品を取り出す際には必ずプリンタの電源を切ってください。

2進数←→10進数
2進数←→10進数

印刷方法

LPRコマンドでの印刷

lprコマンドを使用して印刷を行う場合には、C-5000Tに指定されたIPアドレスまたはホスト名とC-5000Tの出力先ポート名を指定する必要があります。

C-5000T LPRポート一覧

ポート名 機能
lp 直接出力ポート。受信データに何も手を加えずにプリンタデータを渡すポート名です。
sjis sjis漢字フィルタ経由ポート。受信データに指定された漢字フィルタを通してプリンタにデータを渡すポート名です。
euc euc漢字フィルタ経由ポート。受信データに指定された漢字フィルタを通してプリンタにデータを渡すポート名です。

UNIXでのlprコマンド例

lpr -ppbox1lp 「ファイル名」
"pbox1lp"はあらかじめポート名"lp"で設定されたプリントキュー名です。

WindowsNTでのlprコマンド例

lpr -S「IPアドレス」 -Plp 「ファイル名」

FTPコマンドでの印刷

FTPコマンドを使用して印刷を行うためには、C-5000TにFTPコマンドでログインを行い、出力先ポートを指定した後に、「put」コマンドを使用して印刷を行います。

C-5000T FTPポート一覧

ポート名 機能
lp 直接出力ポート。受信データに何も手を加えずにプリンタデータを渡すポート名です。
sjis sjis漢字フィルタ経由ポート。受信データに指定された漢字フィルタを通してプリンタにデータを渡すポート名です。
euc euc漢字フィルタ経由ポート。受信データに指定された漢字フィルタを通してプリンタにデータを渡すポート名です。

FTPでの印刷例

Windows > ftp 192.168.80.10
C-5000Tに指定したIPアドレスを指定します。
ftp > binary
バイナリ-イメージで印刷する場合は"binary"を、アスキーイメージで印刷する場合には"ascii"を指定します。
ftp > cd lp
上記のポート一覧にある出力先のポート名を指定します。
ftp > put 「ファイル名」
実際に印刷を行うデータのファイル名を指定します。

ページの先頭へ戻る