本文先頭へ

ネットワーク関連

X-5のマルチキャスト配信機能でSX-AP-4800ANを利用する設定
SX-AP-4800ANを無線LANのアクセスポイント(親機)として、X-5を無線LANのステーション(子機)で無線LAN接続し、X-5のマルチキャスト配信機能を利用する場合は、SX-AP-4800ANの設定を変更してください。

SX-AP-4800ANの詳細設定が初期値のままでは、X-5から30fpsでマルチキャスト配信された映像・音声は途切れたような動作になります。
これは、マルチキャスト配信機能の映像・音声配信のために、X-5の無線LANの送信レートが一般より高い設定であること、SX-AP-4800ANの無線LANの送信レートがX-5のマルチキャスト配信機能の映像・音声配信には適していない値に設定されているためです。
また、X-5の送信機(X-5T)を無線LANのステーション(子機)としてSX-AP-4800ANに無線LAN接続すると、X-5から30fpsでマルチキャスト配信された映像・音声では通信負荷が高く動作しなくなります。
X-5の送信機(X-5T)側は、有線LANでSX-AP-4800ANに接続されていること、設定で「ネットワーク設定」-「無線LAN設定」-「無線モード」は”Disable”にしてください。

設定手順
  1. SX-AP-4800ANのWebページを表示してログインをクリック、設定画面を表示します。
  2. 左メニューにある「詳細設定」の「無線LAN」を開きます。
  3. 「拡張設定」をクリックします。
  4. 「802.11n送信レート設定」のマルチキャスト設定を変更します。
    20MHzは”104000(MCS13)”、40MHz(SGI OFF)は”108000(MCS11)”、40MHz(SGI ON)は”120000(MCS11)”に設定変更し、「設定更新」ボタンをクリックします。
  5. 左メニューにある「メンテナンス」の「再起動」を開きます。
    「はい」をクリックし再起動してください。

情報更新日:2015年01月28日