本文先頭へ

USBデバイスサーバを使用してネットワーク印刷を行う 対象製品:DS-600、DS-520AN、DS-510

下記方法で、プリンタのUSBポートに対してネットワーク印刷(LPR印刷)を行う事ができます。

Windows 8 / 8.1 / 10のLPR ポートで印刷する

Windows 8 / 8.1 / 10でWindows標準のLPR ポート印刷機能を使用して印刷するための設定方法について説明します。

<注意>
・Windows標準機能で印刷を行う場合は、プリンタまたは複合機に付属のステータスモニタなどでプリンタの動作状況を確認できません。
 また、双方向印刷でのみ印刷を実行できるプリンタでは、Windows標準機能で印刷を行うことはできません。
・SX Virtual Linkで接続中のプリンタまたは複合機へは、印刷を行うことができません。
 また、プリンタまたは複合機がWindows標準機能で印刷中の場合は、SX Virtual Linkで接続できません。
・以下の説明は、Windows 8.1の画面で行っています。

  1. 「コントロールパネル」から「デバイスとプリンターの表示」を開き、「プリンターの追加」をクリックします。

  2. 「探しているプリンターはこの一覧にはありません」をクリックします。
  3. プリンターの追加


  4. プリンタの指定方法を選択する画面が表示されます。
    「TCP/IP アドレスまたはホスト名を使ってプリンターを追加する」を選択して、[次へ]をクリックします。
  5. プリンターの追加


  6. 「デバイスの種類」で「TCP/IPデバイス」を選択して、「ホスト名またはIP アドレス」に本製品に割り当てたIPアドレスを入力します。
    「プリンターを照会して、使用するプリンタドライバーを自動的に選択する」のチェックをはずして、 [次へ]をクリックします。
  7. プリンターの追加

    <参考>
    ・ポート名は通常は表示された文字列でご利用ください。変更する場合は、他の印刷先ポート名と重複しない文字列を入力してください。

  8. 「カスタム」を選択して、[設定]をクリックします。
  9. プリンターの追加


  10. ポート情報を入力します。
    「LPR」にチェックを入れます。
    「キュー名」に本製品のWebページに表示されていたキュー名を入力して、「LPR バイトカウントを有効にする」にチェックを入れます。
    [OK]をクリックします。
  11. 標準TCP/IPポート モニターの構成


  12. [次へ]をクリックします。
  13. プリンターの追加


  14. プリンタドライバを選択します。
    ご使用になるプリンタのドライバを選択して、[次へ]をクリックします。
  15. プリンターの追加


  16. プリンタ名を入力して、[次へ]をクリックします。
  17. プリンターの追加


  18. [テストページの印刷]をクリックしてテスト印刷が出力されることを確認した後に[完了]をクリックします。
    以上で印刷設定は完了です。
  19. プリンターの追加

情報更新日:2017年06月22日