ダウンロード

Apple社 macOS 10.13 High Sierra以降の環境でのSX Virtual Linkの使用に関するご注意事項について

macOS 10.13以降のバージョンにおいてセキュリティが強化され、サードパーティー製のカーネルドライバを新規インストールした場合にメッセージが表示され、ドライバの起動がブロックされるようになりました。
SX Virtual Linkに使用されるSXUPTP Driverもこれに該当し、起動がOSにブロックされます。ドライバーバージョンの取得や、USB デバイスとの接続などの機能を使用することができませんので、お客様にて下記手順に従い、ドライバの起動を許可して頂く必要があります。
下記手順にて、macOS 10.13以降のバージョンでSX Virtual Linkを使用して頂けます。

  1. SX Virtual Linkをインストールすると下記メッセージが表示されます。
  2. 「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」画面で機能拡張を許可します。

※ 一度許可すると、アンインストールした後にインストールしてもブロックされることはありません。
※ OS のアップグレードを実施した場合に、旧 OS にSX Virtual Linkがインストール済みの場合はブロックされることはありません。

ご不便をおかけして恐縮ですが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。