ダウンロード

ファームウェアダウンロード

ファームウェアのバージョンアップは以下の手順で行ってください。

  1. バージョンアップモジュールのダウンロード
    本ページ末尾のダウンロードテーブルよりバージョンアップモジュールを任意の場所にダウンロードしてください。
  2. バージョンアップモジュールの解凍
    ダウンロードいただいたバージョンアップモジュールは自己解凍形式の圧縮ファイルとなっており、対象ファイルをダブルクリックすることで専用のバージョンアップツールとファームウェアデータが解凍されます。
  3. バージョンアップツールの起動
    解凍されたフォルダ内にある「jcverup.exe」をダブルクリックしてください。バージョンアップツールが起動します。
    以降、画面に表示されるガイダンスに沿ってバージョンアップ作業を行ってください。

Windows 2000/XP/Vista/7をご利用の方は・・・

Windows 2000/XP/Vista/7のOSでバージョンアップを行う場合には、付属のパケットドライバのインストールが必要です。
本バージョンアップツールを実行時に、インストールメッセージが表示されますので、指示に従いインストールしてください。

<Windows Vista/7>
パケットドライバのインストールを実行すると【ユーザアカウント制御】確認の画面が表示されます。
ユーザアカウント制限については『許可』をご選択ください。
また、パケットドライバのインストール開始時に【セキュリティ警告】の画面が表示される場合がございます。
この場合には、『このドライバソフトウェアをインストールします』を選択し、ドライバのインストールを行ってください。

<Windows 2000の場合>
パケットドライバを上書きインストールすると、OSの再起動を促すメッセージが表示されることがあります。
その場合、メッセージに従って再起動していただくと、本バージョンアップツールは正常に利用することができます。


<バージョンアップ時のご注意>

バージョンアップは有線モードで行なってください。 無線モードの場合、無線通信が途切れ故障の原因となります。
(有線LANケーブルで無線ルータなどと接続していただき再起動後にファームウェアのバージョンアップを実施してください。)

名称 Ver 更新日 ファイル名 サイズ(Byte) 対象OS
SX-2000WG 1.5.4 2014.06.19 sx2000wg_154_401.exe 1,439,027 Windows 2000
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows Server 2003
ダウンロード