Skip Navigation

輸送

貨物の重量計測データをリアルタイムに転送、一括管理。

貨物倉庫で計測データをリアルタイム管理

解決方法

導入前

導入前のイメージ

輸送された貨物を倉庫へ入庫する際、貨物の重量を計測し伝票内容と確認する作業で、フォークリフト内部に蓄積された計測データをその都度回収し、事務所のPCへデータをコピーする手間がかかっていた。

※イラストをクリックすると拡大します

導入後

導入後のイメージ

フォークリフトにシリアルデバイスサーバを接続するだけで簡単に無線化することができます。手作業で行っていたデータ回収も無線でリアルタイムに転送。作業の手間を省けます。また、複数の計測データも一括で管理できるので便利です。

※イラストをクリックすると拡大します

資料をダウンロード

Get Adobe Reader

PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステム社のダウンロードページから無償でインストールできます。

関連製品

デバイスサーバ

製品例写真

USBおよびシリアルインタフェースを持った機器を、ネットワークにつなぐ製品のご紹介

ワイヤレスブリッジ

製品例写真

既存の機器を、新しいネットワーク環境へ簡単に移行

ページの先頭へ戻る