Skip Navigation

無線LANモジュール

SX-IMAPP-SDK

  • 開発キット
SX-IMAPP-SDK:製品画像

無線LANアプリケーション組込み用
ソフトウェア開発キット
簡単にOEM仕様の無線機能組込みを実現

  • ご購入に関するお問い合わせ
  • 仕様に関するお問い合わせ
  • 推奨オプションアンテナ

機能紹介

SX-IMAPP-SDKは、Linux組込みソフトウェア開発者用のアプリケーションソフトウェア開発キットです。弊社の超小型CPU搭載IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANモジュール「SX-580」を開発プラットフォームに、お客様が独自で各種のアプリケーション機能を開発・実装することができます。

無線組込み開発で大きな負荷となりがちな、無線LANドライバ、エンタープライズレベルのセキュリティサプリカント、TCP/IPプロトコルスタックはSX-580上で対応しているため、短期間・少ない開発投資で、お客様が独自にセキュアな無線ソリューション構築が可能です。スマートフォンやタブレットのビジネスシーンでの利用に伴い、対応が急務となっているさまざまな少量業務用製品の無線化にも最適です。

UART/USB/Ethernet以外に、SPI、I2C、GPIOのインタフェース開発もおこなえ、既存製品のワイヤレス化を柔軟に支援します。

キットには機能開発に必要な開発環境、ソースコード、ドキュメントを含んでいますので、お客様側では作業用のPCとシリアルコンソール対応のターミナルソフトがあれば、すぐにお使いいただけます。

接続例
機能ブロック図
機能ブロック図

※ SX-IMAPP-SDKへの搭載は、弊社へご相談ください。

アプリケーション

業務用プリンタ、医療機器、商業車、搬送台車、業務用特殊車両、プログラマブル コントローラ、産業機器制御盤、業務用音響機器、他

製品ラインナップ
 
SX-580-2700DM
無線LANモジュール
開発用インタフェース
ボード + ケーブル類
ソフトウェア同梱物
+ ドキュメント
SX-IMAPP-SDK
SX-580-DVK ×
SX-580-2700DM × ×

製品スペック

型番 SX-IMAPP-SDK
開発プラットフォーム
(SX-580-2700DM)
CPU Freescale i.MX 280 ARM9 / 454MHz
メモリ 32MB ROM / 64MB RAM
無線モジュール SX-SDMAN
無線LAN仕様 IEEE 802.11b/g/n (2.412 - 2.472GHz)
IEEE 802.11a/n (5.180 - 5.825GHz)
アンテナ端子 U.FL互換コネクタ x 2
インタフェース UART/Ethernet (10BaseT/100BaseTX)
USB/SPI/I2C/GPIO
OS Linux
セキュリティ WEP / WPA / WPA2
IEEE 802.1X(LEAP, PEAP, TTLS, TLS, EAP-FAST)
動作電圧 5V ±5%
保存環境条件 保存温度:-20~+85℃ 保存湿度:20%~85%RH
動作環境条件 動作温度:-10~+70℃ 動作湿度:20%~80%RH
外形寸法 55.0 x 30.0 x 9.8mm
ハードウェア SX-580-2700DMモジュール(ROM:32MB / RAM:64MB)
・ 開発用インタフェースボード
・ 無線LANアンテナ x 1
・ RS-232Cケーブル x 1
・ LANケーブル x 1
・ USBケーブル x 1
・ ACアダプタ x 1
ソフトウェア ・ 開発環境イメージ
・ 開発用ソースコード・ツール(ソース・バイナリ)
・ サンプルコード(ソース)
・ 各種ドキュメント(PDF)

※専用WEBサイトよりダウンロード提供
ドキュメント ・ スタートアップガイド
・ デベロッパーズガイド
・ ソフトウェアマニュアル
・ ハードウェアマニュアル
・ SX-6K3-WLANドライバマニュアル
  • 本製品のご利用にはご契約時に、秘密保持契約書の締結が必要です。
  • 上記ソフトウェア成果物とドキュメントは、弊社専用WEBページからダウンロード提供とします。
    ご契約完了時点で、弊社より、WEBアクセス用のアカウントをご用意いたします。
  • 本SDK製品本体に技術・保守サポートサービスは含まれていません。
    別途、技術サポート契約をご希望の場合は、弊社営業担当者までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る