Skip Navigation

無線LANモジュール

SX-580

  • Intelligent
  • 1×1
  • IEEE802.11a/n
  • IEEE802.11b/g/n
SX-570_580:製品画像

インテリジェントタイプ
無線LANモジュール
ドライバ開発の負担なく、簡単に機器の無線化を実現

  • ご購入に関するお問い合わせ
  • 仕様に関するお問い合わせ
  • 導入事例のご紹介
  • 推奨オプションアンテナ

機能紹介

SX-580は、短期間で簡単に各種機器の無線化を実現する小型インテリジェント無線LANモジュールです。

インテリジェントモジュールは、Wi-Fi通信モジュールと高性能・低消費電力のCPUボードを組み合わせ、モジュール内で無線LANドライバ・セキュリティサプリカント・TCP/IP通信処理を完結させることで、専用の無線LANドライバ開発やサプリカント実装などの組込み作業なく、容易にエンタープライズセキュリティを備えた無線LAN機能を実現します。

また、無線LAN機能をインテリジェントモジュール内で完全オフロード処理するため、ターゲット機器側で必要となるホストCPUリソースを低減させ、より簡単な無線機器の新規設計や既存製品への展開を可能にします。

弊社は米国Qualcomm Atheros社の選定された技術パートナーとして国内企業では唯一Authorized Design Centers (ADCs)に認定されています。チップメーカとの直接的なマーケティング・技術レベルの最新情報交換を通じて、お客様製品の無線LAN対応化に必要なさまざまな付帯的な関連サービスを迅速にご提供することができます。

弊社は、Qualcomm Atheros社の 公式認定開発パートナー(Authorized Design Centers) としての深い技術ノウハウをもとに、IEEE規格準拠にこだわった徹底したハードウェア製品テストと弊社国内工場での100%生産全数検査により高い製品品質をご提供しています。また、無線LANドライバのカスタマイズもお客様のニーズに合わせて受託開発しておりますので、ハードウェアとソフトウェアをワンストップソリューションとして確実な接続性を実現します。

製品の特長
  • IEEE 802.11a/b/g/n準拠(2.4/5GHz)
  • シングルストリーム 1x1
  • TCP/IPプロトコルスタックと無線ドライバをオンボード搭載
    • 無線ドライバ開発無しに、無線機能の搭載を実現
    • ホストデバイス側の処理をオフロード
  • 機能
    • 簡単なソケットプログラムで、シリアル機器の無線ネットワーク化が実現
    • Ethernet LAN の無線ブリッジ化が可能
  • エンタープライズセキュリティ
    • WEP, WPA, WPA2, IEEE 802.1X認証
  • U.FL互換コネクタ
  • EU指令 RoHS対応
  • 設計・開発・評価・製造・検査の全工程を自社で管理、シビアな使用環境にも耐え得る高品質製品を提供
アプリケーション

医療機器、POS、試験・計測機器、プリンタ、FA機器、セキュリティ機器、 ホームオートメーション機器、業務用アクセスポイント、ルータ、ゲートウェイ、VoIPシステム、ディスプレイ端末、POS端末、各種ボードコンピュータ等。

アプリケーション

寸法図

外形図

製品スペック

型番 SX-580-2700
無線チップ SX-SDMAN
CPU Freescale i.MX 280 ARM9 / 454MHz
メモリ 8MB ROM / 64MB RAM
無線モジュール SX-SDMAN
無線LAN仕様 802.11b/g/n 2.412 - 2.472GHz
802.11a/n 5.18 - 5.825GHz
アンテナ端子 U.FL互換コネクタ x 2
インタフェース UART/Ethernet (10BaseT/100BaseTX)
USB/SPI/I2C/GPIO:弊社までお問い合わせください。
OS Linux
セキュリティ WEP / WPA / WPA2
IEEE 802.1X(LEAP, PEAP, TTLS, TLS, EAP-FAST)
動作電圧 5V ±5%
重量 10g
動作環境条件 動作温度:-10~+70℃ 動作湿度:20%~80%RH
保存環境条件 保存温度:-20~+85℃ 保存湿度:20%~85%RH
外形寸法 55.0 x 30.0 x 10.8mm
コネクタタイプ 50ピンコネクタ

製品ラインナップ

  SX-580-2700
無線LANモジュール
+ケーブル、
インタフェースボード
SX-580-2700
×
SX-580-6900

ページの先頭へ戻る