本文先頭へ
MENU

このページは、トップページの中の製品・サービスの中のCANブリッジの中のCDS-2150です。

CANブリッジ

CDS-2150

  • USB 2.0 High Speed
  • シリアル RS-422/485
  • CAN
  • デジタルI/O
  • IEEE 802.11n/b/g
CDS-2150:製品写真

CANデータを無線LANに変換・配信・ロギングし稼働監視の効率アップを実現
働く車向け CAN/無線LANブリッジ

機能紹介

概要

本製品は、車載用途を中心に産業機器でも利用されているCAN通信を無線LAN経由でリアルタイムにパソコンやタブレットへ転送するためのCAN/無線LANブリッジです。稼働中の車両のリモートモニタリングや各種設定が可能となることで、現場保守作業の効率を大幅に向上できます。さらに、車両の稼働状況を本機内蔵のストレージに保存することができるため、異常が発生した場合の原因解析・早期復旧をスピーディーに行えます。

特徴
CAN通信のIP変換 (Converter Server Mode)

車両のCAN通信をIEEE 802.11b/g/n対応無線LANに双方向に変換することで、パソコンやタブレット・スマートフォンなどのモバイル機器を使った稼働診断(※1)を可能にします。車両・産業機器搭載のモバイルモデムを利用した通信に比べ、稼働中のデータをリモートかつリアルタイム(※2)に確認できるため現場での異常動作の特定を容易に行えます。

CAN通信のIP通信化 (Converter Server Mode)

※1 弊社サンプルアプリケーション”CAN Monitor Application”を利用、もしくはお客様のCANアプリケーションに弊社CAN/無線LAN変換モジュールを組込むことでご利用頂けます。
※2 本製品とタブレットやパソコン間における通信距離やリアルタイム通信性能は、利用環境(本製品の設置場所、利用するタブレットやパソコン種別、周辺の無線LANアクセスポイントの有無等)によって変わります。

CAN通信情報のロギング

内蔵のeMMCストレージや外部USB対応メモリ(※3)にCANデータをバイナリもしくはテキスト形式でロギングできます。ストレージ容量を使い切った場合も古いログを自動削除しロギングを継続可能なので、現場でなかなか再現しない異常の発見や、作業オペレータの操作解析などに有効活用できます。

CAN通信情報のロギング

※3 USBメモリの接続は、本製品のUSBインタフェースに別途USBケーブルを使って行います。接続中は、本製品の防塵・防水性能は低下します。また、本機能の利用にあたって、USBメモリはFAT32でフォーマットされている必要があります。

有線CAN通信の無線LANブリッジ (e-Cable Mode)

2台のCDS-2150を利用することで、有線CAN通信を無線化することができます。従来有線CANケーブルでの接続が必須だった各種計測器や産業機器などを自由に配置することが可能になります。

有線CAN通信の無線LANブリッジ (e-Cable Mode)
車載対応仕様

本製品は建機・農機など働く車で必要な動作温度、防水防塵、耐振動、車両電源など車載向け仕様(※4)を標準でサポートしています。

車載対応仕様
ココがポイント!

【CAN高速起動】
車両ロギングで必要とされる電源ONから本機の高速起動や高速ロギング開始(2.5秒)をサポート。電源投入直後からのCANログ取得を可能にします。

CAN高速起動

【ブリッジ通信の最適化】
本製品のCAN/無線変換機能はCANの最大ボーレート1Mbpsの低帯域、小サイズフレーム通信に最適化されており、広帯域な無線LAN通信でもストレスなく通信できます。

ブリッジ通信の最適化
製品構成
名前 備考
CDS-2150 本体、設置マニュアル類を同梱
インタフェースケーブル 別売:本機1台につき1本必要

製品スペック

本体仕様
メインシステム CPU NXP社 i.MX287 (454MHz)
ROM 512KB
RAM 64MB
内蔵ストレージ オンボードeMMC: 2GB (疑似SLC: ユーザー利用可能1.5GB)
インタフェース 集合コネクタ JAE製 MX23A18NF2
無線LAN x 1ポート:IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)
CAN x 2ポート:CAN2.0B Active, ISO11898 High Speed(max.1Mbit/s)
シリアル x 1ポート:RS-485/RS-422A準拠
USB x 1ポート:USB OTG2.0準拠 (コネクタ Micro-B)
デジタル 入力 x 2ポート:オープンもしくはGND接続
出力※1 x 1ポート:オープンコレクタ出力
電源/電流 DC10~32V / 0.7A (max.)
アクセサリ電源での起動・シャットダウンに対応
筐体 形態 樹脂ケースおよびSUSプレート
動作保証温度 -30℃ ~ +65℃
動作保証湿度 20 ~ 95% RH(結露なきこと)
防塵・防水 防水: JIS D 0203 D2準拠 ・ 防塵: JIS D 0207 F2準拠
外形寸法 100 x 90 x 31.2mm (突起部、取り付け部除く)
重量 約318g
状態表示 LEDランプ × 4
外観図
外観図
ケーブルピンアサイン情報
ケーブルピンアサイン情報

インタフェースケーブル ピンアサイン情報
端子番号は、右図の本体側集合コネクタ(JAE製 MX23A18NF2)を参照ください。

端子 名称 機能
1 CAN1_H CAN1ポート
2 CAN1_L
3 SIO_GND シリアル基準レベル
4 BATT 電源入力
5 KEY 電源制御入力
6 DIN1 入力ポート
7 DIN2
8 RESERVED※2 予約ポート
9 DOUT 出力ポート
10 CAN2_H CAN2ポート
11 CAN2_L
12 TRXD_R※1 終端ポート
13 TRXD_L※1 シリアル入出力
14 TRXD_H
15 TXD_L シリアル出力
16 TXD_H
17 GND 電源入力
18 GND

※1 TRXD_RとTRXD_Lを接続することにより終端処理されます。
※2 オープンとしてください。

インタフェースケーブル(別売)外観
インタフェースケーブル(別売)外観
連携ソフトウェア
CAN Monitor Application

GDM-3250やCDS-2150を使って、CANデータを無線LANでモニタリングするためのWindows用サンプルアプリケーションです。
CANデータを本アプリケーションから車両側に送信することもできますので、本製品を購入後すぐにCAN/無線通信機能の評価を開始できます。

CAN Monitor Application

※ 本ソフトウェアは弊社製品ページから無償ダウンロードできます。

製品一覧