このページは、トップページの中のDisplay Connectivityの中のSilexノウハウです。

Display Connectivityのご紹介

silexの「ココが違う」

今まで難しいとされてきた無線による映像配信を実現しています。

世界サイネージ市場への導入実績

USのガソリンスタンドをスタートに、世界中のサイネージ市場における、あらゆる過酷な環境での運用と、8年にも渡る連続稼働実績を持ち、サイネージだけではなく、会議室や公演、遠隔コミュニケーション等々で、幅広くお使い頂いております。

無線による映像伝送技術

silex独自の無線によるマルチキャスト映像配信技術、 JPEG-XRベースのコーデック技術により、無線では難しいとされている、低遅延と高画質を同時に実現。サイネージ市場等の映像の乱れが許されない市場で安定した映像配信を行えます。

子機間同期・リップシンク技術

上記配信技術に加え、多面への配信においても、モニタ間の映像のズレや、映像と音声とのズレを抑え、違和感の無い映像配信を実現しています。

Networkとの高い接続性・親和性・安定性

IP Networkを利用しており、既存ネットワークを使った、様々な映像ネットワークの構築が可能です。また、SX-SmartManagerにより遠隔監視や保守も可能であり、全国・全世界規模での広域運用においても、サポートやメンテナンスのコストやサイネージ放映時間のダウンタイムを大幅に抑えます。

高品質の自社製 無線LANモジュール

Qualcomm AtherosのAADC(Qualcomm Atheros Authorized Design Center)認定を受けた、技術陣と豊富な組込み無線ノウハウと、自社生産されたモジュール一つ一つの品質のこだわりより、より安定的で、高クオリティで高利便性の無線インフラ環境構築をご提供いたします。

ページの先頭へ戻る

ネットワークサービス