このページは、トップページの中のサポート・ダウンロードの中のGriDRIVEシリーズFAQです。

GriDRIVEシリーズ FAQ

Windows 10 Anniversary Update適用に関する注意

2016年9月2日現在、Windows 10向けの機能追加にあたるAnniversary Updateが提供されています。
このアップデートを適用した場合にGriDRIVEシリーズのソフトウェアにて問題が発生します。

2016年10月19日更新:Windows 10 Anniversary Update対応ソフトウェア一覧にVMSモデルの対応バージョンを追記しました。

現象:

GriDRIVEの通信で使用する以下の2つのドライバーが、Windows 10 Anniversary Updateを適用後に消えてしまう。結果的にGriDRIVEの通信ができずにエラーになる。

  • Muratec Virtual Ethernet Adapter
  • Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapter

【対応ケース1】Anniversary Update前にGriDRIVE向けソフトウェアを対応バージョン以降にアップデートする。

GriDRIVE向けソフトウェアが、Windows 10 Anniversary Update対応しています。
対応バージョンにGriDRIVE向けソフトウェアをアップデートした後に、Windows 10 Anniversary Updateを適用してください。

※ 未対応のソフトウェアを利用している場合は、ケース2の方法を検討ください。

2016.10.19現在のWindows 10 Anniversary Update対応が完了しているソフトウェア一覧。

VPNモデル GriDRIVE Client Ver.5.0.1018以降
GriDRIVE Portable Ver.5.0.1018以降
VMSモデル GriDRIVE VMS-CM Server Ver.1.0.1027以降
GriDRIVE VMS-TD Server Ver.1.0.1027以降
GriDRIVE VMS-TD Portable Ver.1.0.1027以降

 

【対応ケース2】事前にアンインストールしてから、Anniversary Updateを適用する。

以下の手順でAnniversary Update適用することで、正常動作することを確認しております。

  1. Windows 10 Anniversary Updateを適用する前に、GriDRIVE向けソフトウェアをアンインストール。
  2. Windowsを一度再起動する。
  3. Anniversary Updateを適用する。
  4. 再度、GriDRIVE向けソフトウェア(Windows10対応より後)をインストールする。

GriDRIVE向けソフトウェアは、アンインストールしても設定情報などは消えずに残っています。
よって、再度インストールすると、以前と同じ設定で利用することができます。

 

【対応ケース3】未対応のソフトウェアが入った状態で、Anniversary Updateを適用してしまった。

この場合はGriDRIVEソフトウェアは(ドライバーが正常に動かず)通信できないはずです。

対応としては、一度Anniversary Updateより前のビルドに戻し、【対応ケース2】の手順で対応ください。
アップデートから10日以内であれば、[スタート]→[設定]→[更新とセキュリティ]→[回復]→[以前のビルドに戻す]より、Windows 10 Anniversary Updateにアップデートする前の状態に戻す事ができます。

「Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapter」が通信できない場合

GriDRIVEのWindows向けプログラムを実行・通信開始時に、Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapterの呼び出しに失敗してエラーになるWindows PCが一部存在します。

エラーのタイミングとしては、GriDRIVEのWindows向けプログラムを新規でインストールして初めて通信する場合。
Windowsファイアウォール等のソフトウェアファイアウォールソフトによる通信ブロックが原因ではないことが確認されているケースです。(元々、別のPCを使えばGriDRIVEの通信ができるネットワーク環境であること。その上でファイアウォール機能を無効にして通信できるかも確認してる。)

IPv6通信が禁止されているWindows環境がある

1つ事例として、Windows PC自体がIPv6通信を禁止する設定になっているものがありました。

この通信を有効にするにはレジストリの変更が必要になるので、作業を行うにあたっては充分に注意ください。
※ 操作を間違えるとPCが起動しなくなります。該当箇所のみを編集ください。

参考: https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/929852

このサイトの情報はIPv6通信を禁止する為の設定なので、逆を設定する必要があります。

IPv6通信を無効→有効にする
  1. とりあえずレジストリエディタでバックアップを作成。
    (システムの復元機能で、復元ポイントを作成しても良い。)
  2. レジストリエディタ(regedit)を起動する。
  3. 以下のアドレスを開く。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\
  4. 「DisabledComponents」を選択して削除する。
  5. PCを再起動して、再度GriDRIVEのプログラムを実行してみる。

対象プログラム:

VPNモデル:

  • GriDRIVE Portable

VMSモデル:

  • GriDRIVE VMS CM Server
  • GriDRIVE VMS TD Server
  • GriDRIVE VMS TD Portable

【Windows10】OSをWindows 7/8/8.1にダウングレードできない場合のGriDRIVEアプリケーション起動について

2016/2/5時点における最新バージョンのWindows向けGriDRIVEアプリケーションは、インストールされたままMicrosoft Windows 10(以下、Windows 10)へアップグレードされると起動しません

(2016/07/04 更新)
GriDRIVE VMSモデルはパッケージバージョン:1.0.1031 にて、正式対応版(制限事項ナシ)になっております。本バージョンを利用している環境から、Windows 10へアップグレードしていただいた場合は問題ありません。

  • GriDRIVE VMS CM Server: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS CM Client: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS TD Server: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS TD Client: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS TD Portable: Ver.1.0.1026

GriDRIVEアプリケーションをインストールされたままWindows 10 へ アップデートされた場合、元のWindows(Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)へ ダウングレードして頂く手順を推奨しておりますが、元のWindows(Windows 7 / 8 / 8.1)への ダウングレードが出来ない場合は、以下の手順で起動が可能となります。

(Windows 10へのアップグレード後1ヶ月以内の場合のみ、Windows 7/8/8.1 へのダウングレードが可能です。)

作業手順

GriDRIVEアプリケーションがインストールされたままWindows 10にアップグレードし、元のWindows(Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)へダウングレードが出来ないPCで、GriDRIVEアプリケーションを実行できるようにするまでの手順です。

以下の手順はレジストリファイルを編集しますので、事前に必ずバックアップをとってから作業を行って下さい。
手順を間違うと最悪の場合、PCの動作に支障が出る可能性がありますので、注意して作業を行って下さい。

※詳細手順は、こちらをご参照下さい。

  1. [コントロールパネル]→[プログラムと機能]からGriDRIVEアプリケーションを選択し、アンインストールを実行します。
  2. GriDRIVEアプリケーションを 再度インストールします。
  3. ネットワークアダプター “Muratec Virtual Ethernet Adapter #2” と “Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapter#2” の レジストリを変更します。
  4.  PCを再起動します。
対象バージョン

GriDRIVE VPNモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.5.0.1017)

  • GriDRIVE Portable : Ver.5.0.1015
  • GriDRIVE Client : Ver.5.0.1015

GriDRIVE VMSモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.1.0.1029)

  • GriDRIVE VMS-CM Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-CM Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Portable : Ver.1.0.1024

PLCデータ収集機能について

PLCデータ収集機能が、AS-202、GDR-1150、GDR-1250で利用できるようになっています。
(注意:AS-350、AS-200は対応しておりません。)

PLCデータ収集機能は、MCプロトコル(通信プロトコル:TCP/IP|交信フレーム:QnA 互換3E フレーム|交信データのコード:ASCIIコード)に対応したPLCをEthernet接続し、複数台PLCの指定した範囲のデータを定期的に自動収集することができるものです。
また、指定アドレスのビットをキーにして、アラート情報を該当PLCデータも添付してメール発報することができます。

GDR-1150とGDR-1250は初期バージョンから対応しています。
AS-202の場合は、以下のシリアル番号以降にて、対応しております。

  • DF4001-3-0002-001以降

上記シリアル番号以前(DF4001-3-0001-001~)のAS-202については、発注時にお客様の事前要望があった場合のみ、出荷前にカスタマイズをしております。

「PLCデータ収集機能」が利用できるかの見分け方

AS-202にPLCデータ収集機能が有効になっているかの見分け方は、以下のとおりです。

  1. Web管理画面を開き、ログインします。
  2. 左側のメニューに「PLCデータ収集」が表示されていること。

もし上記確認方法で表示されないAS-202をご利用中のお客様において、PLCデータ収集機能の利用を希望される場合は、大変お手数ですが弊社担当営業までお問い合わせいただきますようお願い致します。

【Windows10】GriDRIVEアプリケーションのWindows 10動作確認と諸注意

(2016/07/04 更新)
GriDRIVE VMSモデルはパッケージバージョン:1.0.1.31 にて、正式対応版(制限事項ナシ)になっております。

  • GriDRIVE VMS CM Server: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS CM Client: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS TD Server: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS TD Client: Ver.1.0.1026
  • GriDRIVE VMS TD Portable: Ver.1.0.1026

GriDRIVEのWindows向けアプリケーションは、2016/2/5時点の最新バージョンでWindows 10環境での動作に対応しております。

ただし、一部制限事項があります
制限事項をまとめたものが以下になります。

環境 動作 削除 更新
a
  1. Windows 7/8/8.1からWindows 10にアップグレードする。
    (初期からWindows 10で動いているPCも同様)
  2. GriDRIVEのWindows向けプログラムをインストールする。

正常動作します。

アンインストールに一部制限があります

アンインストール後にインストール
b
  1. Windows 7/8/8.1の環境。
  2. GriDRIVEのWindows向けプログラムがインストールされたままになっている。
  3. Windows 10にアップグレードする。
×
起動しません。
△※Windows 7/8/8.1にダウングレード後にアンインストールする。Windows 10の状態でアンインストールする。 ×

※Window 10 の状態でのアンインストールは、レジストリの変更が必要な為、
Windows 7/8/8.1へのダウングレード後のアンインストールを推奨しております。

Windows 7/8/8.1でGriDRIVEアプリケーションをご利用の場合、Windows 10にアップグレードされる場合必ずGriDRIVEアプリケーションをアンインストールし、その後にWindows 10へアップグレード。そしてGriDRIVEプログラムを再度インストールしてください。
(GriDRIVEの各種設定情報は、アンインストールしても PC上のユーザーディレクトリ以下に残っています。再インストールにより、同じ設定で動作します。)

対象GriDRIVEアプリケーション

以下のバージョンより動作確認しております。
最新バージョンのインストーラーの入手が必要な場合、問合せフォームより“ご利用のU-Name”と合わせてご連絡いただきますようお願い致します。入手方法について、折返しご案内させていただきます。

GriDRIVE VPNモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.5.0.1017)

  • GriDRIVE Portable : Ver.5.0.1015
  • GriDRIVE Client : Ver.5.0.1015

GriDRIVE VMSモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.1.0.1029)

  • GriDRIVE VMS-CM Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-CM Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Portable : Ver.1.0.1024

【Windows10】GriDRIVEプログラムのWindows 10からのアンインストール

2016/2/5時点における最新バージョンのWindows向けGriDRIVEアプリケーションは、Microsoft Windows 10(以下、Windows 10)に新規インストールすることができ、正常にプログラムも動作します。(GriDRIVEアプリケーションがインストールされたまま、Windows 10にアップグレードした場合は除く)

ただし、Windows 10環境からのアンインストール時に一部ドライバーが残ってしまう為、手動で削除する必要があります。

<アンインストール手順>

Windows 10環境に GriDRIVEアプリケーションをインストールされた場合に、アンインストールする時の手順です。

  1. コントロールパネル→プログラムと機能からGriDRIVEアプリケーションを選択し、アンインストールを実行します。
  2. コントロールパネル→デバイスマネージャーを実行します。
  3. デバイスマネージャーで“Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapter”を選択し、操作→削除を実行します。
  4. デバイスのアンインストールの確認ダイアログが表示されるので、OKを押下します。
  5. 同様に“Muratec Virtual Ethernet Adapter”も削除します。
  6. PCを再起動します
<対象バージョン>

GriDRIVE VPNモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.5.0.1017)

  • GriDRIVE Portable : Ver.5.0.1015
  • GriDRIVE Client : Ver.5.0.1015

GriDRIVE VMSモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.1.0.1029)

  • GriDRIVE VMS-CM Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-CM Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Portable : Ver.1.0.1024

【Windows10】GriDRIVEプログラムのWindows 10環境における更新について

2016/2/5時点における最新バージョンのWindows向けGriDRIVEアプリケーションは、Microsoft Windows 10(以下、Windows 10)に新規インストールすることができ、正常にプログラムも動作します。(GriDRIVEアプリケーションがインストールされたまま、Windows 10にアップグレードした場合は除く)

アンインストールに一部制限事項がある為、GriDRVEアプリケーションの更新にも一部制限があります。
原則として更新が必要な場合、アンインストール後に、新しいバージョンをインストールしてください。
※ 本制限はWindows 10に限定した制限です。

<制限事項>

Windows 10環境でGriDRIVEアプリケーションをアンインストールせずに更新した場合、仮想ネットワークアダプタがその都度増えていきます。

標準では以下の2つがインストールされています。

  • Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapter
  • Muratec Virtual Ethernet Adapter

更新をすると、上記の2つに加えて#2、#3…とその都度に増えます。

  • Muratec IPv6 Virtual Ethernet Adapter #2
  • Muratec Virtual Ethernet Adapter #2

コピーが増えても動作には支障ありません
ただし、アンインストール時に残るので、アンインストールする際はこれらのコピーも含めて削除するようお願い致します。

<対象バージョン>

GriDRIVE VPNモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.5.0.1017)

  • GriDRIVE Portable : Ver.5.0.1015
  • GriDRIVE Client : Ver.5.0.1015

GriDRIVE VMSモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.1.0.1029)

  • GriDRIVE VMS-CM Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Portable : Ver.1.0.1024

【Windows10】OSをWindows 10へアップグレード後のGriDRIVEアプリケーション削除について

2016/2/5時点における最新バージョンのWindows向けGriDRIVEアプリケーションは、インストールされたままMicrosoft Windows 10(以下、Windows 10)へアップグレードされると、起動しません

一度、元のWindows(Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)へダウングレードしていただき、GriDRIVEアプリケーションの削除、その後にWindows 10へのアップグレードをお願いします。

Windows 10へのアップグレード後1ヶ月以内の場合のみ、Windows 7/8/8.1 へのダウングレードが可能です。

<作業手順>

GriDRIVEアプリケーションがインストールされたままWindows 10にアップグレードしたPCで、GriDRIVEアプリケーションを実行できるようにするまでの手順です。

  1. Windowsメニューから設定を選択し、[設定]を表示します。
  2. [更新とセキュリティ]を選択します。
  3. 回復タブを選択し、「Windows7に戻す」を実行します。
  4. Windows 7/8/8.1 が起動しましたら、[プログラムと機能]よりGriDRIVEアプリケーションをアンインストールします。
  5. Windows 10にアップグレードします。
  6. GriDRIVEアプリケーションを再度インストールします。
<対象バージョン>

GriDRIVE VPNモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.5.0.1017)

  • GriDRIVE Portable : Ver.5.0.1015
  • GriDRIVE Client : Ver.5.0.1015

GriDRIVE VMSモデル
(パッケージ・CDバージョン:Ver.1.0.1029)

  • GriDRIVE VMS-CM Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-CM Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Server : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Client : Ver.1.0.1024
  • GriDRIVE VMS-TD Portable : Ver.1.0.1024

 

VPN通信の再接続後に相手先の通信許可デバイスに通信できない

VPN接続して通信できていたデバイスが、回線障害などでGriDRIVEのVPN接続が切断→復旧後に通信できないというケースが有りました。

確認すると、機器によってはルーティングテーブルの更新時間が長いものが存在していました。
VPNが接続されてない状態になり、ICMPリダイレクトのメッセージを受けると、デバイスのゲートウェイアドレスをGriDRIVEとは別のIPアドレス(大抵はルーターなど)に変更してしまい、ルーティングテーブルの更新時間が経過するまでGriDRIVEを経由した通信ができなくなっていました。
(ルーティングテーブルは大抵、電源OFF/ONによってリセットされます)

もしこの場合、GriDRIVEボックス側の「ICMPリダイレクト」の機能を無効にすることで、対処できます。

手順:

  1.  Web管理ページにログイン。
  2. [通信パラメータ調整]を開く。
  3. 「ICMPリダイレクトメッセージ送信」を“無効”に変更する。
  4. 上部の[保存]を押下して再起動する。

 

 

GriDRIVEサービスが利用できるかを導入前に確認する方法はありますか?

GriDRIVEを設置している同じネットワークに接続されているWindowsのPCがあれば可能です。
L2TPプロトコルの通信ができる必要があります。

  1. Microsoftのダウンロードセンターより「PortQryUI」をダウンロードください。
    PortQryUI – User Interface for the PortQry Command Line Port Scanner
  2. ダウンロードした「PortQryUI.exe」を実行して、PC上に展開ください。
  3. 展開先にある「portqueryui.exe」を実行します。
  4. 以下のように入力し、[Query]ボタンを押下します。
    項目 設定値
    Enter destination IP or FQDN to query: nas121.k-tokyo.nttpc.ne.jp
    Manually input query posts: Ports to query: 1701
    Protocol: UDP
  5. 「UDP port 1701 is LISTENING」
    という結果が表示されれば成功です。

もし、FILTEREDなどの上記と違う結果になる場合は、DNSが動作してない(名前解決に失敗している)か、「nas121.k-tokyo.nttpc.ne.jp」宛のL2TP通信が遮断されている可能性があります。
ネットワーク管理者にご相談をお願い致します。

「Windowsファイウォール」や、その他のソフトウェアファイアウォール(ノートン360など)が有効な場合に通信に影響があるかもしれませんので、できればテスト時には終了してから実施ください。

ページの先頭へ戻る

サポート・ダウンロード