スキャナのネットワーク化

スキャナの無線LAN化することでスマートデバイスへのデータ取り込みが飛躍的にスムーズになります。 サイレックスの無線LANモジュールが搭載されたスキャナは全世界で業務効率の改善に貢献しています。

小切手・手形専用スキャナ、
パスポートスキャナのネットワーク化

セキュリティの制約が強い銀行の支店PCには外部のソフトウェアをインストールできないため、新しいハードウェアの利用に制約がありました。
サイレックスのLinuxBoxにスキャナドライバとスキャンデータを転送する機能を搭載し、新しい機器を安全に利用できる環境を構築しています。

小売・商業施設に
ワイヤレスブリッジが採用

コンビニエンスストアの店頭に設置されているMFP。来店者がスマートフォンからデータを転送して印刷できれば大きな利便性を提供できます。
Wi-Fiダイレクトに対応したサイレックスのワイヤレスブリッジがここでも採用されています。

プリンタのLAN二重化に
デバイスサーバが採用

役所ではマイナンバー、医療機関では患者カルテ。秘匿性の高いデータを取り扱う場合、通常の業務利用とは切り離されたネットワーク構築が必要になります。
それでもすでに設置されているMFPは共通利用したい。サイレックスのデバイスサーバを使えば、MFPのLANを簡単に2系統に対応でき、この課題に対する強力なソリューションになります。

ドキュメント(プリンタ・スキャナ)事例

オフィス、家庭で、ネットワーク接続は既にそこにあることがあたりまえのインフラとして期待され提供される時代となりました。私たちの日常生活をとりまくプリンタやマルチファンクションプリンタ(MFP)、スキャナなどが、過去の常識を超えてさまざまな用途やシーン、アプリケーションで、ネットワークへの接続が求められています。

【その他、採用実績】
・MFP/プリンタ
・スキャナ
など

各種製品やサービスのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください