Skip Navigation

先輩社員からのメッセージ(松浦 龍)

松浦 龍 ソフトウェア開発 2003年入社 総合情報学科

チャレンジの機会を与えてくれる会社

チャレンジの機会を与えてくれる会社

高校生のとき、叔父が持っていたアップル社のパソコンに触発されました。これからはコンピュータの時代だと。それで大学は情報系の学部を選択し、就職に際してもコンピュータ関連の、それも中小の会社を目指しました。大手より最新技術にチャレンジできる機会が多いだろうと考えたからです。当時すでに、サイレックス・テクノロジーはプリントサーバという情報分野の特定カテゴリーでトップでした。すごいと思いましたし、その技術力があれば次世代の分野でもトップを狙えるに違いないと、将来性に魅力を感じました。

入社後しばらくは先輩に付いてプリントサーバのカスタマイズを行い、その仕事を通じてプログラミングを覚えました。その後は新規技術、例えばウィンドウズとファイル共有するためのクライアント側のプログラムの開発や、ドラフトが発表されたばかりの高速無線LAN規格に対応するドライバの開発に携わりました。これらはいわば基礎技術の研究でもあり、いつも最先端の現場にいたい私にとってはまさにやりたいこと。チャンスを与えてくれた先輩方に感謝していますし、この会社を選んで本当に良かったと思っています。

実現可能かどうかを見極める目が必要

実現可能かどうかを見極める目が必要

現在はワイヤレス技術開発部において、無線ドライバや認証セキュリティソフトウェアなどの開発を行うチームのグループリーダーとして、スーパーバイザー的な役割を担っています。例えば、開発プロジェクトが立ち上がると、私が顧客と打ち合わせして要件定義や仕様を提案した上で、開発内容の検討などを行い、それに基づいてチームのメンバーがカスタマイズなど実際の開発作業を進めます。

こうした開発プロジェクトで重要なのは、顧客の要望を必ず実現すること。そのためには、人の割当、時間配分、開発手法などさまざまな要素を勘案し、実現可能かどうかを見極めなければならない。冷徹に判断する目が必要です。もちろん、トラブルが発生すればチーム一丸となって問題解決にあたります。困難な案件であればあるほど、顧客の要望を実現できたときの達成感は大きいですし、製品として世の中に出て、それらが使われているのを見るのが何よりも嬉しい。これほどスリル(笑)とやりがいに満ちた面白い仕事はありませんね。

任された仕事はやり遂げるのが大前提

任された仕事はやり遂げるのが大前提

じつは大学のとき、プログラミング基礎という必須科目を落としました(笑)。そんな私が開発仕事をこなしてきたのですから、大学でのプログラミング経験は必須ではありません。 でも技術者として一人前になるために必要なことはあります。まずは任された仕事はやり遂げること。サイレックスは経験の浅い社員にも責任のある仕事を担当させるので、これは大前提です。それと思いやり。開発はチームで行います。一人で問題を抱え込んでしまうとチーム全体が困ります。他のメンバーを思いやる気持があれば、早めに相談するでしょうし、問題も大きくなりません。それと自分をアピールする姿勢。サイレックスはやりたいことをさせてくれる会社ですが、それが伝わらなければ機会も得られないですよね。

無線LANの世界は日々進化しています。私たち技術者も立ち止まってはいられない。だから会社が新規の仕事を受注したら、全体会議などの場で「やりたい!」と意思表示します。最先端の技術に触れながら新しいものをつくれる、そして、自分自身が成長するチャンスなのです。もうワクワクしますよね(笑)。

Q.サイレックスを一言で表すと?

「変」
プリントサーバからデバイスサーバ、無線へと時代の流れに沿って変わってきました。変化が楽しみな会社で、変人も多いです(笑)。

ページの先頭へ戻る