本文先頭へ
MENU

サイレックスの広報ブログ

新製品情報、製品発表会・展示会などのイベント情報、決算のポイントや近況など、もっと深くサイレックスのことを知っていただくために広報担当者からさまざまな情報をお届けします。

前の記事:「Bluetoothはこれから」へ

muratecグループ技術交流会

2014年12月17日 11:00
製品企画担当
こんにちは。サイレックス製品企画 担当です。

今回は、2014年11月26日(水)~27日(木)の間、muratecグループで開催されました技術交流会に、当社も参加しましたので、その展示内容の一部をご紹介します。

技術交流会の趣旨は、村田機械 京都、犬山地区の技術者全員を対象として、日常的なベース技術やノウハウを技術者同士が直接対話する事により、より深くお互いの技術を理解し、全社の技術ネットワークがさらに広がる活動を目指すというものです。

11/26 (1日目) は、村田機械の京都本社で、11/27 (2日目) は犬山事業所で開催されました。silex展示物は、無線LANモジュールでは、新製品のSX-PCEACSX-ULPAN、SX-PCEAN2を、外付けBOX製品では、X-5HMDS-510など、実機展示と共に内容を説明しました。


写真:村田機械 京都本社 展示会場(サイレックスのコーナー)の様子
muratecG_technology01.png


写真:村田機械 京都本社 展示会場(サイレックスのコーナー)の様子
muratecG_technology02.jpg
今回の交流会では、FA分野での無線(LAN)化について、村田機械の技術者と会話させて頂きました。FA分野のネットワークでは、大きく「情報系ネットワーク」、「コントローラ間ネットワーク」、「フィールド・ネットワーク」に分類する事ができますが、その中でも無線(LAN)化を進めているのは「情報系ネットワーク」という事でした。工程管理の状況監視や、自動倉庫内の荷姿確認用にカメラを設置し、オフィスPCや別モニターへ画像伝送させるプロジェクトを実行していると伺い、これから情報系ネットワークを軸に、FA分野での無線(LAN)化が一層進んでいく事が、容易に想像できるのではないでしょうか。


注)
情報系ネットワーク :
オフィスのPCやモニター端末に接続され、製造スケジューリングや作業指示、製造実績の収集・管理、製造プロセスの状況監視、工程の進捗管理などをアプリケーションとして運用するネットワーク。

コントローラ間ネットワーク:
PLC(Programmable Logic Controller)やロボット、NC(Numeric Control)装置、産業用のパソコンなどのコントローラが接続されるネットワーク。
マルチベンダ環境への要望や、高速・大容量データ交換が必要なアプリケーションが増加している。

フィールド・ネットワーク:
コントローラがマスタ機器となり、温度調節器、画像処理装置、バーコードリーダー、IDセンサといった各種のI/O機器や計測器などがスレーブ機器として接続されるネットワーク。1台のマスタ機器と複数台のスレーブ機器の間で1:N通信のデータ交換を行う。

次の記事:「IoT デュアルバンド対応 超低消費電力無線LANモジュール」へ

最新の記事

バックナンバー